節約ニートの山暮らし

楽しい方の茶番

持続型無職体制の構築

このブログの楽しみ方

2017-5-23記入

このブログは、家賃がなくなれば無職でもやっていけるのでは?という発想から購入した80万円の別荘の整備の話を主軸に置いたブログです。

しかし基本的に思いついたことは何でも記事にしているので取り留めがないブログに見えると思います。

そのため記事を下記のように分類しました。

気になるタイトルの記事があれば閲覧していただけると幸いです。

調べたこと

山奥の別荘での出来事

考え方

当ブログの記事に興味が沸かなかった方は、下記の素晴らしいページをご覧になれば満足感を得られると思います。

還住 - Wikipedia

 

当ブログ全般のご意見ご要望があれば当記事のコメント欄に書いていただけるとありがたいです。

 

(関連記事)

なぜブログを書くのか - 節約ニートの山暮らし

 

追記2017-6-8

ブログタイトルを変更

ブログ開設当初の想定と実生活にズレが生じたので一旦ブログタイトルを変更します - 楽しい方の茶番

 

人間はミスをするものなのに無意味に「早くやれ」とアドバイスをされたときの対処は聞き流す

就職してちょっと職人っぽい職場に配属されたんですよ。

それで新人だから先輩からいろいろ指導を頂くんですけど「なるべく早くやれ」とか「なるべく綺麗に」みたいな指導が多かったんです。

まあ10代だし新人だしで素直に聞いてはいたんですが途中から「それしか教えれないのかこいつらは」と思うようになりました。

 

人間というのは早く行動するとミスや怪我が増えるんです。

当たり前の話だとは思います。

だから仕事を早く終わらせることと身の動きを早くすることは比例していないのです。

手ばかり早く動かしてもミスがあれば意味がありません。

ミスを取り返すのにコストがかかるので、むしろ何もやらなかったほうが生産性は良いという状態になりかねません。

 

だから本当に重要なのは「工夫」なんですよね。

工夫は増やしてもミスは増えません。

工夫は仕事の早さとミスの減少を両立できます。

だから先輩の指導というのは工夫の伝授であるべきだと思います。

「こういう風にやればやりやすい」とか「こういうツールを使うといい」とか指導内容に具体性が必要だと思います。

正直「早くやれ」なんて誰でも言えますし、言葉に重みが全くありません。

私はそんな考えなので、具体性のないアドバイスは聞き流していました。

 

そういう指導をする人の下に、素直に話を聞き入れるタイプの新人が入ると問題が発生します。

新人は早く動くことへのプレッシャーをかけられ、たしかに動きは早いのですが実際のところはあたふたして無意味な動作をしているだけであり、しかもテンパってミスを多くしていました。

私はそういう状態を「一生懸命な無駄な動き」と表現していました。

私は具体性のないアドバイスは聞き流すことを推奨します。

 

 

とある日、私は木を切りたいと思い情報収集のため林業のイベントをに見に行きました。

[関連記事]

koidekonbu.hateblo.jp

そこで若手の林業従事者の方達と司会の方がイベントブースにいて、林業の体験談等の発表をしていていました。

司会の方が若手の林業従事者の方に「先輩たちはどうですか?」的な質問をしたところ「いやーほんと仕事の動きが早くてすごいですね!」的な返答をしてたんですよ。

私はその返答を聞いて「うあ…」って気持ちになって正直引いたんですよ。

日頃から林業の考え方とか作業や道具の工夫の指導を熱心にして貰えていたら、「先輩は作業が早いからすごい」なんて言葉は出てこなくて「知識や考えが物凄い深い」とかそういうワードが最初に出てくると思うんですよ。

逆に言えばそこしか褒めるところがなかったのかな?とか思っちゃうんですよね、私は。

仕事なんて慣れたら勝手に早くなります。

身の動きが早いなんてのは努力の結果じゃないんです。

あれって動きはたしかに早いんですけど、ただあのスピードが心地良いだけなんですよ。

徒歩が早い人と同じです。

別にあれ頑張って歩いている訳じゃないですよね。

 

ほんとに重要なのは積み上げてきた工夫です。

毎日自分の頭で考えて色々な工夫をしている人は絶対に若手に伝えるんですよ。

なぜなら、工夫っていうのは自分自身で思いついた時に感動するものだからです。

そして人は感動を共感してほしいと願うものなので、そのことについて若手に喋らずにはいられないんですよ。

映画やライブですごく感動した時、誰かにそのことを話したくなるのと同じです。

先輩の仕事の速さを最初に褒めるってことは、先輩は若手に伝えてないって事だし、伝えてないってことは仕事に対して感動してないってことです。

このような思考回路で自分の中で林業業界の中を察してしまい引いたのです。

 

 

私はこれから会社を辞めてニートになるのですがその後再就職するかもしれません。

どちらかと言うと職人系の仕事をしたいなーと思っているのですが、私は他人に対する尊敬心がないので、多分職人業界も「工夫のない」「仕事に感動しない」奴らばかりなんだろうなと予想しています。

そういう人たちに、また10代の頃のような中身のない指導をされると思うと面倒だなって思います。

世の中には素晴らしい職人もいると思いますが、自分がその下に付ける確率はどのぐらいなのでしょうか。

もし尊敬できる人に下についた場合はハッピーなので何の心配もいらないのですが、しょうもない人の下についた場合どのように対応するかよくよく考えなければなりません。

一つ言えるのは、表立って反発することは愚の骨頂です。

意味のない自己主張は、先輩にも自分にも利がありません。

適当にへりくだって相手をいい気分にしてなるべく多くの情報を提供してもらうのが、お互いにとって最も利のあることです。

これ以上情報が得られないと感じたら離れれば良いと思います。

 

私は本当に指導されるのが苦手で、指導されても絶対自分のほうが良い発想をできる、と思ってしまうのですよ。

できるのなら、誰かの下につくことは避けたいなと思ってます。

反抗期が社会との接し方のバランス調整期だとすれば自分は未だに反抗期だな

ある時コンビニでレジ待ちの行列ができていました。

その行列の先頭に高校生が並んでいました。

隣のレジが空いたので店員さんが「こちらへどうぞ」と言いましたが高校生は動きません。

彼はイヤホンを付けながらスマホに集中していたので声に気が付かなかったのです。

私は並んでいなかったので特に何も感じませんでしたが、行列に並んでいる人はイライラしていたかもしれません。

高校生ってたまにこういうことがあります。

電車で無駄に足を広げて座っていたり、自転車で無謀な走り方をする等があります。

私はあれを「調整」と呼んでいます。

 

調整とは、社会との接し方のバランス調整です。

小学生ぐらいまでは人は大人に多くを支配されがちだと思います。

しかし今後の人生もそのままでは流石に生きづらくなるのであえて挑発的反社会的行動を取って「超えちゃいけないライン」を探ります。

俗に反抗期と呼ばれていますが、それはあまりにも大人目線に偏った呼称なので「調整期」がニュアンスとして最適だと思います。

 

反抗期の無かった人はヤバイと言われる事があります。

多分あれは調整がまだ終わっておらず、大人になってから超えちゃいけないラインを大幅に超えてしまう可能性があるからだと思います。

調整は若いうちに完了させないと厄介なことになります。

就職してから悪い遊びを覚えて逮捕された知り合いが居たりします。

あれも一種の調整不足だと感じました。

下手に年を取ってからバランス調整をしようとすると一気に逮捕されるリスクがあります。

大人になってからの方が行動の選択肢が広がりますから、一気に突き進みすぎるのです。

中高生はどんどん非行に走る。周りはそれを咎める。そんな社会が良いのかもしれません。

何事も早めが良いのです。

 

さて…私ですが、バランス調整が終わっていません。

今思えば「いやー、昔はヤンチャしてましてね。」って言えるような生活を送るべきだったのかもしれません。

未だに少しずつ超えちゃいけないラインを探ってます。

ガツンと言われて反省し、「ここが超えちゃいけないラインなんだな」と納得するというフェーズに達していません。

ガツンと言われるより先に、周りに諦められスルーされてラインを探るチャンスを失っている可能性もありえます。(無自覚)

 

会社を辞めることもある意味で反抗ですし、これからの人生フラフラです。

早く「ここが自分の最適なラインなのか!」と納得する境地に立ちたいです。

 

このブログを通してラインを探る様子を公開するのでそういうところを読んでもらいたいですねー。

鬱の人に「頑張れ」って言ってはいけないのは「もう頑張れないから」なのかな

とある日なんですけど、もう一日も仕事を頑張れないと思って退職しようとしたんですよ。

偶然そのタイミングでお世話になっている先輩に「まず異動を申請したほうが良いのでは」と言われ明くる日に上司のところに行った訳です。

もう一日も働きたくないと思っていたけど、アドバイスの折衷案として異動という可能性を一応試してみることにしたんです。

その上司は他職場から異動してきて2ヶ月ぐらいしか経っていませんでした。

あまり私の状況を把握していなかったので激励をしてきたんですよね。

「この職場にいれば○○な人材になれるから頑張れ。」「やる気を見せないと異動なんてさせられない。」「給料もらってるんだからやれよ。」「これからお前がしっかり仕事をしているか見ていてやるから頑張れ。」「世の中そんなもんだ、俺だってそうだ。」

って感じでした。

ただこれを聞いて完全に自分は鬱寸前まで追いつめられたんです。

それは頑張る気が全く無かったからだと思います。

もう完全に一日も働けないと感じ、退職の回避案として異動の可能性について訪ねました。

すでにこれから気を取り直して頑張るという選択肢が無くなった上で相談しているわけです。

その状態で「頑張れ」と言われた時の気分は、水中で限界まで息を止め、息継ぎをしようとした瞬間に頭を押さえられたような気持ちでした。

その翌日に別の上司のところに赴き退職届をもらいました。

このままだと出社を拒否する可能性があったのでとりあえずいつでも辞められる状態にしたかったのです。

しかし、退職届を貰ったところ何故か気が楽になって今でも会社を辞めてません。(後2ヶ月半で辞める予定ではあります)。

何故気が楽になったのでしょうか。

おそらく問題の上司に「頑張る気はないし、期待に答えるつもりもない。」と暗に示せたからだと思います。

 

人間は頑張りきった状態でさらに頑張ることは出来ません。

鬱病の人は多分その状態で「頑張れ」と言われた時に、それに応えたいと思う人なのだと思います。

よく、真面目な人が鬱病にかかりやすいと聞きますが、そういう状態になって苦しんでいるのかもしれません。

 

私は鬱病ではありませんが、その一端を覗いたような気がしますし、類似の状態の人に掛ける言葉を誤らないように気をつけたいと感じました。

人生をさかのぼって超自己分析する記事(超大事)

現在私は退職目前状態となっています。

非常にストレスを感じていますが自分自身で原因を簡潔に説明することが出来ません。

つまり私は今混乱状態になっています。

なぜ混乱状態になったのか人生を箇条書きして自己分析をします。

[目次]

高校

大学に行く理由がなかったので工業高校に行った。

工業高校は就職のためにある施設だから就職をした。

エスカレーター方式で就職まで繋がっていたと思う。

何も考えないという行動をしても就職に自動的につながる状態だった。

本当の意味で言えば中卒でニートになるのが一番人間として自然だった。

何がそうさせないかというと「常識」や「世間」で当時はそれに従うことに何の疑問も持っていなかった。

当時は中退した人を見て「あーアイツ馬鹿だな、人生終わったやん」と素直に思っていたが今思えば能動的に決断できる優秀なやつだと思えるし当時そういう行動を出来たことを羨ましく思う。

自分はよく分からない「常識」や「世間」というものに従うことが優秀ということだと盲信していた。

 

そんな高校時代だが一つだけ発明があった。

「創作」への目覚めだ。

当時常に退屈で何かを消費することで気を紛らわしていた。

漫画、ゲームだったと思う

ある時ホントにいきなり閃いた。

「創る側に回ればコスパ最強じゃん」

17歳の俺は気がついた。

消費側の人間は幸福が所有する金の上限で決まる。

創る側の人間は金という天井がないからコスパが無限大。と

自分は創作をするべきだと考えるようになった。

今思っても、周りに創る側の人間が全くいない環境であの発想ができた自分はえらいと思う。

その時の発想は今でも自分の芯となっている。

でもあくまで「最強にコスパの良い趣味」という立ち位置だったのでクリエイターになろうとかは全く思っていなかった。

 

当時目の前にネットの繋がらないノートパソコンがあった。

それでゲームを作ろうと思った。

その為に絵と音楽と文章の練習をした。

ゲームはそれから3年後に完成した。

公開はしていない。

今でももっと良いものを創りたいという気持ちは常にある。

ただ自分のコンセプトとして目的が「コスパの良い趣味」であり「完成度の高いものを創る」ではなかったので未だにクソショボい技術しか持っていない。(単純に努力と工夫不足とも言う)。(道具やソフトに金をかけたり、共同作業をすることを嫌がった)。

入社前

就職希望はした。

するのが当たり前だと思っていたので。

創作への目覚めがあったので、就職先は休日の多さをみて土日祝休みの会社にした。

結果的にはなぜか大企業に合格した。

完全に運だったと思う。

本来だったら学校内の選考の時点で落ちていたが、たぶん偶然自分以外にその会社を選んだ人がいなかったのだと思う。

でも正直大企業なんてどうでも良かった。(棚からぼた餅的な嬉しさはあった)。

コスパの良い趣味を見つけたから収入は程々で良くて何よりも時間がほしいと思っていた。

当時は高校からのゲームづくりが終わっていなく、常にキリの悪い嫌な気持ちがあったので

入社前、まだニコ生のない時代にゲーム実況なんかも少しやったりしていた。(Windows Media Playerでやった)。

ブログもやっていた。

しかし入社を機に消してしまった。

高校時代は趣味探しの黎明期で色々なことに手を出していた。

継続していたら今頃もっと凄いことになっていただろう。

ただ当時の自分ではどうあがいても継続できなかったと思う。(今でも無理)。

継続の難しさは皆さん存じていると思う。

若年で継続できている人は「マジでヤバイ」人だと思う。

入社後研修中

入社後は研修があった。話の筋に絡まないので詳しくは書かないがなかなか大規模で長期間の研修だった。

そんな研修時代に超ヤバイほどに心揺れ動かす事件があった。

イトコが自殺したのだ。

イトコは一回り以上年が上で、頻繁に会うわけではなかったので内情はこれまで知っていなかった。

そのとき分かったことだが、イトコは

「大企業の正社員」であり「結婚」して近いうちに自殺していた。

物凄い衝撃を受けた。

「大企業の正社員」に「結婚」は社会常識的に求められている典型事だ。

イトコは「世間」と「常識」に準じて真っ当に生きていた。

それなのに死んだ。

自分自身は「世間」と「常識」を全く疑うこと無く「大企業の正社員」になった。

しかしその判断の是非が急速に怪しくなった。

今まで何の疑問も持たずに信用していたことが実は死に繋がっているかもしれないのだ。

人生の中で自分の意志で始めたことは創作のみ。

就職も含めて人生のすべて、何となくの「常識」に従っていただけなのだが、それが短期的な死に繋がっているかもしれない。

ここで強い嫌悪感を感じた。

社会に対する嫌悪感だ。

自分は騙されていたと感じた。

社会は何事もないかのような澄ました顔で人を自殺させるのだ。

社会を構築している人間が嫌いになった。

社会を構築している会社が嫌いになった。

会社を構成しているすべての人間は遠からず自分の命を脅かす敵だと思うようになった。

会社いる事に対する納得感が無くなった。

自分の意志で入社したのか?「いや、違う」

世間や常識に準じて行きたいのか?「いや、違う」

なら何故会社に通う?「分からない」

納得していないのにバカ正直に毎日通勤する自分自身に対する不信感はこれから数年間、常に自分をイラ立たせることになる。

職場配属後

研修後実際の職場に配属されるのだが、私は定時で帰れると噂の職場を希望してその職場に配属された。

その職場に興味があるわけではない。

自分の頭の中には作りかけのゲームを完成させたいという気持ちしか無かった。

創作に時間を費やしたいという気持ちと、社会への嫌悪感を同時に感じながら会社に行っていた。

2つの意思が混ざってぐちゃぐちゃになって正直まともに会社に行ける精神状態ではなかった。

普通の職場だったら3年も持たずに会社を辞めただろう。

話がややこしくなるのは、その職場の業務が別に嫌いじゃなかった事だ。

本当に奇跡のバランスで自分は職場に10年近くいることになる。

自分を会社に留まらせた要素は以下の4つだ

 

1 自分の裁量で仕事ができる。

自分は、命令されるのが苦手だ。何故なら自分の受け持っている職務に関しては自分が最も詳しいのだから仮に命令されたとしても必ず自分のほうが最適なプランを持っているという自負があるからだ。

基本的に仕事は命令よりも「○○をこういう風にやりたいんですけど良いですか?」

というこちらからの提案で進めていた。

情報も常に自分なりに集めて、仮に上司が指示を出しに来たときも来る前に既にどういう指示が出るか予想できていたしプランは事前に用意できていて、仮に自分が良いプランを持っていれば即座に提案できた。

複数の担当設備があり、その設備の状態と調子は自分が担当者だから自分が一番良く知っている。だから自分が一番効率の良い判断ができるのが当たり前だと思う。

自分は提案型の仕事の進め方が当たり前だと思っていた。

しかしそれから、多くの人間が命令される型の仕事をしてしかもそれを望んでいる光景を見て、自分のやり方が(この会社だと)少数派だと知らされることになる。

また職場では会社の方針で、指示に従うだけで納期間に合うというシステムをもう何年も作りつづけていて自分の考えは否定されている。(システムはいつまでも完成していない)。

2 自分なりに工夫してできる。

マニュアルとかそういうものが全く無かったので最終的に製品を完成させれば何をしても良かった。

マニュアルがないというのは自分に非常に自分に合っていた。

10年近く仕事をして作業方法が固まったことはない。

アイディアが常に浮かんで常に少しずつ新しい要素を試しながら仕事をしていたので、マニュアルに仕事の方法を縛られたらストレスですぐに仕事を辞めただろう。

定年間際の師匠が私の好きにさせてくれるタイプだったので更に良かった。

しかし、その後会社の方針のマニュアル化と作業方法の統一により、自分の思うように仕事ができなくなる。

 

3 定年間際の師匠の仕事を引き継ぐという分かりやすい目標があった

職場に配属され、定年間際で一人で業務を行っていた師匠のもとに就いた。

仕事を辞める前に、この熟練者の技は残していきたいという使命感はあった。

数年かけて学び、数年かけて伝える必要があった。

一応後輩に伝えたっちゃあ伝えて師匠の退職も見送った。

使命はまあまあ果たしたかなと思ったが、職場に全く実務経験がない改善のために口出すだけの人が大量に発生して見当外れな提案でこれまでの業務内容を変えよう(否定しよう)と努力しているのを見て、自分の使命感は何だったのかと絶望することになる。

 

4 直近の生活費と時間

もちろん大企業なのでボーナスが貰えたり給料の面で不満はなかった。(ちなみに9年目の正社員で、手取り14万でボーナス年間55万×2だ。)

しかし貯金額が増えるたびに金銭面で働く意義は薄れていった。

また定時で帰れる職場だったのは良かった。(鬼気迫る勢いで仕事をして定時に収めていた)。

その時は創作こそが自分の使命だと思っていたので時間はいくらでも欲しいと思っていた。

しかし定時で帰れたとしても、自分は睡眠欲が大きく、疲れて何もせずに寝ることが多く、時間という要素だけでは創作物は出来ないと少しずつ分かってきていた。(もちろんやる気はあったが、どうしても寝ていまい毎日自己嫌悪に陥っていた)。

 

結局自分を会社に留まらせた要素すべて無くなった

自分にとってはとてもいい条件の職場だった。

しかし上記で少しずつ触れたが、結局自分を会社に留まらせていたものはすべて時間とともに無くなった。

会社の方針で仕事のやり方は変わるものだ。

偶然あの時期のあの職場だったから自分は仕事を続けることが出来た。(続けてしまったとも言う)。

自分なりの好き勝手のやり方でやっても通用する(許される)職場だった。

自分はそもそも会社を辞めたがっていたのだから、会社に合わせて自分を変えるという概念がなかった。

読んでいて分かったかもしれないが私は超個人主義な仕事の仕方をする。

会社、特に大企業でそういう仕事の仕方は推奨されない。

技術を属人化することは、会社にとってデメリットだからだ。

 

ここまでの情報からの自己分析

人生の箇条書きはここでやめて自己分析に入ります。

自分の判断を決める様々な要素があることが分かりました。

それらが反発しあってトータルで会社に通うことを選択させていたのだと思います。(葛藤を抱えつつ)。

入社当初の自分の状態は下図のように表現できます。

f:id:koidekonbu:20170710204939p:plain

創作をしたいという葛藤を抱えていても、会社に通う理由が多いため結果として会社に通うという選択をしています。

 

入社して数ヶ月後、イトコが自殺して状況が変わります。

f:id:koidekonbu:20170710205452p:plain

会社に通う選択をさせる土台が減り、土台を崩す横の力が増えました。

この状態で数年を過ごすことになります。

この期間はホントに会社の敷地内にいる人間は敵だと思っていたし、火を付けて職場をなくしたいと思っていたし、職場の窓ガラスを全部割りたいような気分でいました。

やはり反発し合う要素を心の中に抱えることはストレスになっていたのです。

入社して性格がキレやすく攻撃的になったのですが、もはや会社にいる期間が長すぎて、会社にいる葛藤が原因なのか、元々の性格なのか分かりません。

 

それから私は自己の研究をし続けました。

何故生きるのか。どう生きるか。どのように心を制御するのか。必要なものは何か。必要ないものは何か。

自己の研究は終わったとは到底言えない状況ですが、少しずつ会社から離れた場合に感じる何となくの不安が無くなり、むしろ会社に居続けたほうが将来的に人生が積むと思うようになりました。

貧乏性なので金は勝手に溜まりました。

金が溜まリ始めてから経済と投資について一日2、3時間調べるという生活が数年続き、知識が付くことで将来への金銭的な不安は次第に無くなっていきました。

今から2年前ぐらいに会社関係の飲み会には一切参加しなくなり、一年ほど前に上司に退職の意向を伝えました。

この時の状態を図で表すと

f:id:koidekonbu:20170710213146p:plain

このようになります。

ただ、後輩にもっと自分の知識を伝えたいという使命感と仕事の楽しさはあったので、むしろ辞めると宣言した日には辞めれないかもなと内心思っていました。

 

ここまでは順当に進んでたんです。

普通流れとして順当に退職への意思を強くしたのですがここからの波乱が自分の心を乱しました。

まあ言うと、自分の思い通りに事が進まなかったんです。

 

「よっし辞めるぞ!」と有給の申請をしたところ上司に呼ばれ、残り 3ヶ月半居てほしいと頼まれました。

まだその時は引き継ぎの使命感が残っていたので受けました。

その後退職後に引き篭もるために購入した別荘に行ったところ、窓ガラスにキジが突っ込んで割れていて修理代に3万円かかる事件が発生して、「これは金銭的に一筋縄ではいかないな」と感じ(弱気になり)、その後上司にとりあえずまだ辞めないと伝えました。

しかし内心では半年から一年で辞める予定でした。

ここで問題が発生しました。

自分が他部門に飛ばされている間に自分の担当職務に謎のルールが追加されていた。(担当経験の無い人の提案で動いたものだし、自分はやり方の効率が落ちていると感じている)。

上司がこの職場は「改善活動をして上に報告することが最も重要」という方針を示したので自分は何も文句が言えない状況に追い込まれた。(効率性を理詰めで説明しても、改善活動そのものが目的なので納得させられない)。

受け持っていた業務を外された為引き継ぎができない。

以上の3つです。

 

引き継ぎをしたいという使命感を完全に拒否され、仕事の流れも何だか堅苦しくなり、自分を会社に留めていた要素が一気に二つなくなりました。

f:id:koidekonbu:20170712235018p:plain

あまりに急速に無くなったため混乱を起こしました。

自分のやっていたことは完全に無意味だったと絶望しました。

まあ、今思うとそれは自分の自惚れだとも思えるようになりましたが。

自分の存在証明は大企業内で行うものではなかったのでしょう。

退職をする時はギリギリまで上司に打ち明けないほうが良いと思った3つの話 - 楽しい方の茶番

給料も貰えて使命感も満たせるおいしい仕事が一転、使命感を完全にくじかれ、精神的に仕事を続けられずすぐにでも会社を辞めたくなり、金銭的にも不利という状態に変わりました。

もう一回言いますが、ストレスの原因は自分が思い描いていたどおりに物事が進まなかったからです。

使命感を否定されたショックがかなり大きかったですが、それも自分が勝手に定めた使命感が周りに受け入れられなかったということ、勝手に回りに評価されると期待していただけで、周囲が自分の思い通りにならないから怒るというタダのワガママな流れに過ぎないと思います。

(一足早く辞めた先輩に「結局その時の直属の上司と意見が合うかどうかだけ」と言われたことがあります。自分は上司が変わるごとに自分を変える気はないし、会社を辞めてから自分の考え方で自分の人生を切り開けると信じているし信じるしか無い。)

 

ある日、退職届を提出しようとしましたが、退職届がどこにあるのか見つからなかったため諦めました。

翌日、会社の別職場の先輩と別荘の開拓に行った時「昨日退職届を出そうとした」と打ち明けました。

先輩は「他職場の自分から見てあの職場はおかしいと思う。まず異動したほうが良い。」と私を引き止めてくれました。

あまりに先輩が悲しそうな顔で引き止めてくれてたので、その場で「それでも辞める」とは言えなくなりました。

人を悲しい顔にするのって自分にもかなりダメージが有るんですよ。

引き止められたことで、すぐさま退職届を出すことは出来ませんでした。

そのあとしつこく絡んでくる上司とゴチャゴチャバトルしたりもありましたが、後2ヶ月半会社に居れば有給消化込みで冬のボーナスを貰える時期になりました。

2ヶ月半我慢すると、月給含めて100万円近く貰えることになります。

正直欲しいです。

ホントにギリギリの精神ですがお金ほしいです!!

ここまで来たらほしいです。

とりあえず先輩には「あなたのおかげでボーナスを貰って退職できた。」という感謝を述べべることで手打ちに出来るかもしれません。

一日一日が修羅場ですが、とりあえず後2ヶ月半やろうと思います。

プライドを捨て、使命感を捨て、金のためだけにやろう。

やる気を出さず、周りを欺き、100万円をゲットしよう。

 

でもホントに、明日になったらどうなるか分からないんですよ。

決意して、確実に実行できるほどパワーが残っていないので。

今後このブログは愚痴を吐いてガス抜きして100万円手に入れるブログとします。

退職をする時はギリギリまで上司に打ち明けないほうが良いと思った3つの話

私は現在8年以上勤めた会社を退職しようとしています。

退職予定日の1年以上前にその旨を上司伝えたところ様々な問題が発生し、「退職は直前まで明かさないほうが良い」と考えるようになりました。

退職を考えている人の参考になればと思い、体験談をこちらで公開することにしました。

[目次]

退職を伝えた途端悪い意味で目を付けられる

自分の場合、上司に来年退職を考えていますと伝えたところ、次の週にはかなり多くの人に情報共有されていました。

退職というのは退職届を出すまでは確定されるものではありません。

現時点でも私は退職届を提出していません。

つまり悩む時期であるわけです。

例えば今プライベートで大きな変化があれば当然会社を続ける可能性もあるわけです。

そういう立場であるにも関わらず噂は広がり、ほとんど話さない他職場の先輩に「○○、辞めるらしいな。頑張ってな!」的な事を言われたりします。

もし仮に思い直して会社を続けようと思ったとしても、その後は何となく人からの見られ方も変わってしまうと思います。

「心を入れ替えて頑張ります!」みたいな姿勢を求められるかもしれません。

それだったら、退職の可能性を打ち明けず自分の中に押しとどめて考え、本当の直前で退職を宣言したほうがいいですよね。

無駄な配慮で業務を変えられ悩むだけの余裕が無くなる

私は新人の頃から、なるべく早く会社を辞めるべき、という考えを持って過ごしていました。

しかし業務内容が好きだったので今まで仕事が続いていました。

それでも人生をトータルで考え退職を決意し上司に打ち明けたわけですが、そこからは地獄でした。

上司は私の気分転換をしようと(多分)、受け持っていた好きな業務から私を外したのです。

他の職場に数ヶ月飛ばされましたし、元の職場に戻っても自分の好きな業務には戻れませんでした。

自分の知識の引き継ぎをしようと動いていた矢先だったので、自分が排除されたような気がして相当ムカつきました。

いまさら元の業務に戻して貰おうとも言い出せません。(どうせすぐ辞めるし、自分が飛ばされている間に業務の仕方に謎のルールが増やされて今まで通りできなくなったし、新しい業務教えてもらったんだからやれよと他の上司に言われるし…多分私からの要望という形になるので誠意を求められ、結局業務が元に戻っても本当の意味で元通りの仕事はできない)。

元の業務のままだったら楽しく退職までの日々を過ごせたし、退職を延長しても良いかもと思っていました。

他職場に飛ばされた時は何とか耐えれましたが、職場に戻って業務を変えられてからは一ヶ月でうつ状態になりました。

 

あと、業務をコロコロ変えられて人生について考える余裕がなくなりました。

退職を考えている人で、現時点での業務については慣れていて多少はこなしていけるという人は、業務をこなしながら人生について考えるために退職をほのめかさない方が良いですよ。

仕事の仕方は会社に残ったデキるやつが勝手に考えるから、引き継ぎは最低限で良い

私は退職をするにあたって新人に仕事の引き継ぎをしたいと考えていました。

体感的に最低で3年はかかると感じていましたが、せめて一年はしっかりと教えたいと思い、退職を上司に一年前に打ち明けました。

 

しかし今となっては引き継ぎは杞憂だったと感じています。

私は色々な後輩を見てきて「分かるやつは言わなくても分かる」し「分からんやつは何回言っても分からん」ということが分かってきました。

 

分かる後輩の仕事を見ると、私が教えていなくても私が悩みながら確立した方法と大体同じようなプロセスで仕事をしているし、私と違う方法でもすぐに納得する理由を提示してくれます。

 

分からん後輩は、論理的な思考ができません。

例えるなら「1+1=2」と教えても「1+1+1=?」が分からないという感じでしょうか。

「何故か出来ません。」と聞かれて、私が見てみると理由が一目瞭然で設備のパーツが粉々に砕けていたりします。

そういう人は正直何年教えても仕事ができるようになりません。

 

仕事の成否は本人の能力によるものが大きく、自分が与える影響は大したものではありません。

確かに私は経験の長さのおかげで、例えば何か問題が発生した時、経験則で問題解決できるので仕事の判断は早いです。

ただ、職場に「分かる側」の人がいるのなら、多少時間がかかろうとも答えにたどり着くでしょう。

結論として、引き継ぎはちょっとした事務連絡程度で十分ってことです。

さいごに

私は退職の随分前に退職を打ち明けるという行動はうぬぼれだと思うようになりました。(自戒)

だってそうですよね、自分が重要な人間だから余裕を持って宣言しないと会社が困るって思っているってことですよね。

大丈夫です。

安心してください。

重要な人間なんていません。

社会や会社は持続性を持つためにある程度の余裕を持っているものなのです。

大臣だって議員だって社長だって突然辞職する人いっぱいいるけど何も困らないじゃないですか。

だから退職は直前まで明かさなくても大丈夫です!経験者からの忠告でした。

「第2種電気工事士」独学取得への記録(2)申し込み完了と参考書の入手

(1)インターネット受験申し込み

の続きです。

 

前回、インターネット申込みに失敗したところで終わっていましたが、日を空けることで申し込むことが出来ました。

一つつまずいたのが、住所の入力でした。

「○町1−1」というように入力すると何故か受け付けてくれず「○町1の1」と入力したところ申込みを完了することが出来ました。

何故か横棒を受け入れてくれなかったのですがこんなことは始めてでした。カッコつけてMacbookを買ったせいでしょうか…

と思って調べたらマジでMac特有の現象っぽいです。

 

[参考リンク]

入力フォームで「ハイフン」が不適切な文字としてはじかれる問題 : 永遠日誌

 

受験手数料9300円は銀行振込で支払いました。

入金方法は色々ありましたが銀行振込が自分的に一番分かりやすくて確実かなと思ったからです。

メールに添付されてきた振込先に振り込んだところ二日後に入金通知のメールが届きました。

これでひとまず安心です。

詳しい案内とかは後日手紙で届くのでしょうか?正直分かりません。

 

手数料と参考書と実技練習材料と工具で、多く見て5万円の出費は覚悟したほうが良さそうです。

無職志望の私としては大きな出費ですが、永続的に役に立つものだと考えれば払う価値はあると思います。

 

Amazonで参考書と練習材料と工具を購入しました。

実技の前に学科試験があるので参考書から読んでいこうと思います。

ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2017年版

ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2017年版

 

「ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2017年版-藤瀧和弘」という本を購入しました。

[1ページ目の内容]

こちらの本は取っ付きにくい「理論」の話を本の最後の方に配置し読者を挫折させない慈愛に満ちた配慮を行っているようです。(かわいいねこちゃんですね)。

イラストも多く分かりやすそうです。

これから勉強していきます!

 

[関連記事]

電気工事士は独学で合格できるらしい(別荘改造準備) - 楽しい方の茶番

「第2種電気工事士」独学取得への記録(1)インターネット受験申し込み - 楽しい方の茶番