節約ニートの山暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約ニートの山暮らし

節約ニートの山暮らしを目指しているブログ

日記 帰宅前にやる気があるのに帰宅後に寝てしまう現象は家に帰らないことで解決する

このエントリーをはてなブックマークに追加←記事を後で読む

様々なブログを読んでいるとブログの毎日更新は良いと書かれていることが多いです。

私はその理論を信じています。

はぴらきさんも言ってるので間違いないと思います。

ブログを始めるきっかけは何でもいい、重要なのは最初の一歩を踏み出すこと!まずは三日坊主から! - はぴらき合理化幻想

とある目的を達成する手段としてブログの毎日更新が必要、とか具体的に考えているわけではありませんが、毎日更新を勧める人があまりに多いから統計的に(当社比)良いことが起きる確率が高いのだろうと思っています。

 

ですが私はブログの毎日更新を目標には掲げません。

なぜなら経験上その目標を達成出来ないと分かっているからです。

 

私はここ数年で精神論の限界を感じています。

私は今まで、やる気自由時間が創作的活動に必要な要素だと思っていました。

その2つの要素で創作的活動をやれなくもなかったのですが、明らかに成果物が少ない状態でした。

一生懸命自由時間を増やしても家に帰ったら結局その分だけ寝ちゃうんです。

めちゃくちゃやる気が出て目標を立てても寝てしまい自己嫌悪する。

そんな毎日が数年続きました。

やる気が足りないせいだと自分を責めていました。

 

ツイッターでも同じような現象が多く投稿されています。

f:id:koidekonbu:20170505194622p:plain

帰宅前 やる気 帰宅後 - Twitter検索

 

こういう現象は実はあるあるな事なのかも知れませんね。

 

ただ、世の中にはやる気のある分だけやれる人もいます。

私はある時、とあるプログラマーのブログを読んでいました。

その方は大学時代プログラミングに出会い面白くて夢中になり

「寝ないでプログラミングをして、どうしても体がついてこなくなった時に仕方なく寝る。」

という毎日を送っていたそうです。

現在はそのプログラミング能力を買われ、若くして非常に活躍しておられるようです。

睡眠欲を上回るほど何かに打ち込み、そしてそれを周りに評価してもらえる。

世の中で活躍している人たちはこういう一連の流れを経由するものなのかもしれません。

そしてそういう素晴らしい人達がいるということはひとまず置いておいて理解しなければならないことがあります。

 

それは、

自分はそっち側の人間じゃないということです。

自分ではめっちゃやる気があるつもりでも家に帰ったら寝ちゃうんですよ。

 

身体的な問題なのか、脳内のホルモン状態が問題なのかは分かりませんが、脳みそ含めて自分がそういう体であるということ理解しなければなりません。

何かに夢中になれる人たちに憧れるのは自由ですが、その人達と同じ道は歩めません。

なぜなら、物理的に別の物体だからです。

憧れの人に乗り移ることは出来ません。

どうあがいたって自分という性質を抱えたこの物体を利用して人生を歩むしか無いわけですから考えるべきことはシンプルで、

 

自分という性質を理解し、少しでもマシな選択をする。

これだけです。

 

 家に帰ると寝てしまう。

これをやる気とかの精神論で解決しようとしても無駄なのはすでに分かっています。

極端なことを言えば家に帰らなければいいじゃないですか。

または寝れない環境を作れば良いわけです。

 

こういうことを理解している人が、新しいことを始めるときにまず仲間集めをするという行動をしてたんだなって今更ながら気が付かされます。

まず自分じゃなくて環境を整えていたんですね。

 

私はこのブログを家で書くことが出来ません。

ものすごく頑張ればできると思いますが、どうせ少しの成果しか出ず自己嫌悪に浸るのは分かりきっているので逆に「家では書かない」ぐらいの気持ちでいます。

家では○ンポをイジりだすか寝てしまうかで書けません。

ネットカフェでは漫画読んだりDMM動画を見てしまうので書けませんでした。

そのため現在はコワーキングスペースでブログを書いています。

ここでは場の雰囲気があるので作業ができます。

会社帰りに寄れるような場所に引っ越しもしました。

しかし一旦家に帰るとダラダラしたくなってコワーキングスペースに行くことが出来ないので休日はブログを書くことが出来ません。

だからブログの毎日更新を目標に掲げることが出来ないのです。

毎日更新を可能にする環境が無いのです。

 

目標を掲げるなら、やる気を奮い立たせるのではなく、まず環境を作る。

そうすれば自然と作業は進むのだと思います。

 

環境自由時間やる気です。

 

 

 

コワーキングスペースでの作業を続けるうちに、だんだん癖になってきて家でも作業できるようになれたらめっちゃうれしいなー

 

つづき

脳内整理 成功は2歩先 1歩目は行動を継続できるか - 節約ニートの山暮らし