節約ニートの山暮らし

楽しい方の茶番

持続型無職体制の構築

なんかよく分からんうちに別荘の水汲み用のエンジンポンプが導入された

このエントリーをはてなブックマークに追加←記事を後で読む

私の別荘の脇には小川が流れています。

なんかよく分からないうちに水を汲み上げるためのエンジンポンプが導入されたのでそれについて書いていこうと思います。

 

前回友人のF氏と一緒に別荘に行きました。

koidekonbu.hateblo.jp

F氏が来た理由は、F氏があまり使っていないバイクの置き場を探しており、私が別荘に置いたらどうか?と提案したからでした。

結果的には別荘の道中に勾配が多くバイクは置けなさそうだ、ということでしたがF氏は私が行っている別荘敷地内での伐採や水汲みに興味を持ってくれました。

ものすごい勢いで小川の調査を行いポンプをサルベージしたのが↑の記事です。

 

F氏がまた来たいと言っていたので今回また二人で別荘に来たのですが、F氏は超気合が入っていていろいろな道具を車に乗せて来ました。

その中の一つが水汲み用のエンジンポンプです。

なんと前回からの2週間でわざわざ用意していたのです。

凄まじい仕事の速さです。

写真の奥の青いホースが繋がった黒いやつがそれです。

手前の赤いのは無関係の発電機です。

製品情報 農業分野 | 工進

↑のページにあるやつっぽい(ちゃんと調べていなくて申し訳ありません。)

内心(こんなの持って来られても俺じゃあ管理できねーぞ…)と思っていましたが、F氏のワクワク元気魂を止められるわけがありません。

F氏は機械いじりが好きで、さらに実家は農業をやっていたようで物事を機械で何とかするという思考をしやすいようです。

私はその辺の住宅街で機械と触れ合わずに生活してきたので、機械を使おうという発想すら出てきません。

こういう思考の方向性も幼少期の環境が大きく影響してくるんでしょうね。

面白いものです。

 

ポンプを設置したものの最初は水が出ませんでした。

状況としてはこんな感じです。

f:id:koidekonbu:20170531205151j:plain

別荘と川の中間あたりにポンプを設置した結果、何時まで経っても水を吸い上げませんでした。

その時既に3時頃でそろそろ帰ろうとしていたときでしたがF氏はここで引き下がれる訳がないと作業を続行しました。

たしかにせっかく準備したのにここで成果が出なかったら一週間ムラムラが収まらなくなることは容易に想像できます。

 

f:id:koidekonbu:20170531210002j:plain

ポンプを水源に近づけたところ反応が変わりました。

ポンプと水源をつなぐパイプの中で少し水の流れが見えたのです。

そのまま数分待っているとポンプと水源をつなぐパイプの中が水で満たされました。

その瞬間ものすごい勢いでポンプが水を吐き出し始めました。

ポンプは吸い上げるより吐き出す方が得意なようですね。

ポンプは水源の近くに設置しましょう。

ちなみにガソリンは2時間で切れるそうですが果たして…