節約ニートの山暮らし

楽しい方の茶番

持続型無職体制の構築

退職をする時はギリギリまで上司に打ち明けないほうが良いと思った3つの話

このエントリーをはてなブックマークに追加←記事を後で読む

私は現在8年以上勤めた会社を退職しようとしています。

退職予定日の1年以上前にその旨を上司伝えたところ様々な問題が発生し、「退職は直前まで明かさないほうが良い」と考えるようになりました。

退職を考えている人の参考になればと思い、体験談をこちらで公開することにしました。

[目次]

退職を伝えた途端悪い意味で目を付けられる

自分の場合、上司に来年退職を考えていますと伝えたところ、次の週にはかなり多くの人に情報共有されていました。

退職というのは退職届を出すまでは確定されるものではありません。

現時点でも私は退職届を提出していません。

つまり悩む時期であるわけです。

例えば今プライベートで大きな変化があれば当然会社を続ける可能性もあるわけです。

そういう立場であるにも関わらず噂は広がり、ほとんど話さない他職場の先輩に「○○、辞めるらしいな。頑張ってな!」的な事を言われたりします。

もし仮に思い直して会社を続けようと思ったとしても、その後は何となく人からの見られ方も変わってしまうと思います。

「心を入れ替えて頑張ります!」みたいな姿勢を求められるかもしれません。

それだったら、退職の可能性を打ち明けず自分の中に押しとどめて考え、本当の直前で退職を宣言したほうがいいですよね。

無駄な配慮で業務を変えられ悩むだけの余裕が無くなる

私は新人の頃から、なるべく早く会社を辞めるべき、という考えを持って過ごしていました。

しかし業務内容が好きだったので今まで仕事が続いていました。

それでも人生をトータルで考え退職を決意し上司に打ち明けたわけですが、そこからは地獄でした。

上司は私の気分転換をしようと(多分)、受け持っていた好きな業務から私を外したのです。

他の職場に数ヶ月飛ばされましたし、元の職場に戻っても自分の好きな業務には戻れませんでした。

自分の知識の引き継ぎをしようと動いていた矢先だったので、自分が排除されたような気がして相当ムカつきました。

いまさら元の業務に戻して貰おうとも言い出せません。(どうせすぐ辞めるし、自分が飛ばされている間に業務の仕方に謎のルールが増やされて今まで通りできなくなったし、新しい業務教えてもらったんだからやれよと他の上司に言われるし…多分私からの要望という形になるので誠意を求められ、結局業務が元に戻っても本当の意味で元通りの仕事はできない)。

元の業務のままだったら楽しく退職までの日々を過ごせたし、退職を延長しても良いかもと思っていました。

他職場に飛ばされた時は何とか耐えれましたが、職場に戻って業務を変えられてからは一ヶ月でうつ状態になりました。

 

あと、業務をコロコロ変えられて人生について考える余裕がなくなりました。

退職を考えている人で、現時点での業務については慣れていて多少はこなしていけるという人は、業務をこなしながら人生について考えるために退職をほのめかさない方が良いですよ。

仕事の仕方は会社に残ったデキるやつが勝手に考えるから、引き継ぎは最低限で良い

私は退職をするにあたって新人に仕事の引き継ぎをしたいと考えていました。

体感的に最低で3年はかかると感じていましたが、せめて一年はしっかりと教えたいと思い、退職を上司に一年前に打ち明けました。

 

しかし今となっては引き継ぎは杞憂だったと感じています。

私は色々な後輩を見てきて「分かるやつは言わなくても分かる」し「分からんやつは何回言っても分からん」ということが分かってきました。

 

分かる後輩の仕事を見ると、私が教えていなくても私が悩みながら確立した方法と大体同じようなプロセスで仕事をしているし、私と違う方法でもすぐに納得する理由を提示してくれます。

 

分からん後輩は、論理的な思考ができません。

例えるなら「1+1=2」と教えても「1+1+1=?」が分からないという感じでしょうか。

「何故か出来ません。」と聞かれて、私が見てみると理由が一目瞭然で設備のパーツが粉々に砕けていたりします。

そういう人は正直何年教えても仕事ができるようになりません。

 

仕事の成否は本人の能力によるものが大きく、自分が与える影響は大したものではありません。

確かに私は経験の長さのおかげで、例えば何か問題が発生した時、経験則で問題解決できるので仕事の判断は早いです。

ただ、職場に「分かる側」の人がいるのなら、多少時間がかかろうとも答えにたどり着くでしょう。

結論として、引き継ぎはちょっとした事務連絡程度で十分ってことです。

さいごに

私は退職の随分前に退職を打ち明けるという行動はうぬぼれだと思うようになりました。(自戒)

だってそうですよね、自分が重要な人間だから余裕を持って宣言しないと会社が困るって思っているってことですよね。

大丈夫です。

安心してください。

重要な人間なんていません。

社会や会社は持続性を持つためにある程度の余裕を持っているものなのです。

大臣だって議員だって社長だって突然辞職する人いっぱいいるけど何も困らないじゃないですか。

だから退職は直前まで明かさなくても大丈夫です!経験者からの忠告でした。