節約ニートの山暮らし

楽しい方の茶番

持続型無職体制の構築

やれる範囲でやる(雑記)

このエントリーをはてなブックマークに追加←記事を後で読む

ブログを始めて2ヶ月?ぐらいですが、良いですねブログは。

ブログを書くためには物事を他人に伝わる形式にする必要があります。

これが自分を他人に説明するという練習になります。

自分を他人に説明するということは、自分を客観視するということです。

自分を客観視することで、必要以上に思考をすることが少なくなります。

同じことを何度も検討したりして脳を消耗させることが少なくなります。

 

しかし、ブログに書きたい内容があるのにブログを書かなかったりすると非常に悪いです。

頭のなかでは将来ブログに書くであろう情報の推敲が常に行われます。

記事を投稿するまで思考の回転は止まりません。

そして思考の回転があるところまで行くと、あまりに考えすぎて書こうと思っていたことが嫌になってきます。

頭のなかでその情報と触れ合い過ぎたせいで飽きてしまっているのです。

それに思考時間が長すぎると、記事の企画が膨らみすぎて自分の能力では形にできない領域になってしまうこともあります。

書きたい記事品質のハードルを自分では超えられないと分かると、書く前から嫌になってしまいます。

 

だから今日は魔法の言葉を唱えました。

「やれる範囲でやる」と唱えました。

すべての言い訳が通じなくなり、やるしかなくなる素晴らしくポジティブな言葉です。

 

この記事は今やれる範囲で書いた記事です。