別荘を管理するブログ

別荘を管理するブログ

廃別荘地の別荘を管理するブログ

別荘に行かなかった理由、ドリル、霊泉

別荘にあまり行かなかった理由

久々にブログ更新しようと思うんですけど

最近1年で言うとなかなか別荘には行ってなかったですね。

 

本来元々の計画で言えば別荘を購入してそこに移住して、まあいろいろやってこうと思ってました。

 

ただその時期ですが、会社を辞めてすぐということもあり、なかなか精神的にも多少弱ってた時期でありまして、なかなかそれを実行することはできませんでした。

会社というコミュニティを脱出して、さらにそれと同時に山奥に一人でこもるってのが無理だなとというのはすぐに悟って、あの当時は早々に方針を転換したわけです。

 

で何をしたかって言うと名古屋に住んでたんで、名古屋のギークハウスのリビングに入り浸っていろんな人と話してました。

ギークハウスとなると色んな価値観の持ってる人がいるわけで、よい刺激を受け楽しい時を過ごしていました。

 

まあ自分も10年弱サラリーマンとしてやってきて、しかも結構大きい会社だったわけです。

でもやはりね、大企業に入るような人はやっぱそういう人たちが集まっているわけですよ。

定型発達な人がクソほどに集まって、多様な価値観がなかったわけでして、だからこそ、その真逆のような価値観の中で過ごすのが心地よかったわけです。

まあ、退職デトックスって感じですわ。

 

そういうこともあってなかなか別荘に行くことなくて、たぶん1年間で10回ぐらいしか行ってないのかなっていう感じです。

常に頭に浮かぶ安全な伐採問題

スターエム インパクトビット ショート 26.0MM

スターエム インパクトビット ショート 26.0MM

 
E-Value 六角軸延長バー 500mm

E-Value 六角軸延長バー 500mm

 

でまあ、別荘の木の伐採を進めようっていうのは前々からの抱え続けていた課題なんですけど、ただそれもねー。

やっぱり非常にリスクがある事でして、なかなか積極的にやりたいっていう気持ちにならなかったんですね。

(小規模の木の伐採は割りと進んでるんですけどね…)

 

とにかく木がでかいんですよ。

始めてみたときもデカイって思ったし、何回見ても毎回でかすぎてビビるレベルなんですよ。

マジ尋常じゃなくて、なおかつ電線とかもあったりして、そのリスクをとにかく減らしたいんですね。

 

その木さえ触らなければ別に何か悪いこと起きるわけでもない。

触るから悪いこと起きる。

そういう意味でなかなか前向きに行動できませんでした。

 

もう木を切ろうと思い立ってからもう1年半ぐらい経過してるんですけど、その間ずっと僕はもう木の伐採の事ばっかり考えてきました。

いい方法はないかなっていうのもいつも考えてました。

 

で、今やっとその答えになるんじゃないかなっていう方法を思いついたんですよ。

それ今試そうかなと思ってる途中でそれはまたうまくいったら報告したいと思うんですけど、それを実現するために木に穴を開けたいんですね。

まっすぐの貫通させた穴を開けたいんですよ。

ってことでドリルを買って、試しに倒れた木で穴を開けてみたんですけどうまくいかない…

ドリル買い直さないといけないかなとか色々考えてました。

普通のスパイラル状のドリルを延長してあけようとしていたんですけど、おそらく木くずの排出がうまくいかなくてそれでまあ駄目だったわけですね。

 

で世の中にはスペードドリルって物があるんで、それを使おうかと思ったんですけどそれも日本ではなかなか売ってなくて、でアメリカのアマゾンとかではメッチャ売ってるんですけど、なんか登録とかがめんどくさくて今の所諦めています。

 

そのスパイラルドリル(通称)の方も前回は垂直にドリルを下ろして穴を開けてたんですけど、それだと切り粉の排出が悪いんでじゃあ横方向で穴を開けたらどうだろうかという発想が後々浮かんできました。

 

逆に言えば切り粉の排出が原因であるならばそもそもスペードドリルを使ったところでもおそらくダメなんじゃないかなって気がしますね。

 

YouTube で動画とか見たんですけどスペードドリルってメッチャ穴あくの遅いんですよ。

なんか切り粉が粉末状になってるんですよね。

それを作業に使ったらもう遅すぎてやってられないなっていう気がしてテンションが上りません。

ちょっと形の工夫された スペードドリルで結構バリバリ穴開けてる動画とかもあるんですけど、逆に言えばそういうドリルであるということは切り粉がでかいってことなんで結局スパイラルのドリルと同じ運命になりそうです。

 

スペードドリルの購入は見合わせて、スパイラルドリルの可能性をもうちょっと作業方法の工夫で模索したいと考えています。

まあ迷った挙げ句に買わないっていうのは、自分の人生でもよく見られる黄金ムーブです。

霊泉発掘

先週のことなんですけど、いつも一緒にいく知人と別荘に行ったんですよ。

自分的には別荘は生存戦略として買ってるんですが、知人とはアウトドアとして楽しんでいます。

それで何故かよく分からないんですが、何故か知人が良さげな水源を掘り当てました。

水が地表に触れている形跡がないので、結構良い水なんじゃないかなーと思います。

何故か、水質検査もしたいと言い出したので、今週末もいっしょに別荘に行くことにしました。

ついでに、木に穴を開けれるかの検証もしたいですねえ。

マジで伐採が上手く行ったら、一ヶ月ぐらい山に篭って、木の伐採に専念してもいいかなーと思っております。