別荘を管理するブログ

廃別荘地の別荘を管理するブログ

別荘にある湧き水の水質検査をした

個人による水質検査の様子

先日また別荘の方に行って参りました。

 

先週は知人が良さげな霊泉を掘り当てたのですが、今回は知人が水質検査のキットを用意してくれたので水の採集を行いました。

 

前日は少し雨だったこともあり水量増えていましたが、水が濁っているということは特にありませんでした。

水場はその道程で空気に触れていなそうだし、日光も当たっていない。

これは期待できる水場です。

f:id:koidekonbu:20180524103154p:plain水質検査はインターネットで 調べれば、個人でできるものがいろいろと出てきます。

今回は、24項目検査というものを行いました。

https://www.hiyoshi-online.com/product/category/wa

最小の検査が11項目なので24項目なら、まあまあいろいろな情報が得られそうです。

f:id:koidekonbu:20180610163647p:plain

水質検査の流れとしては、インターネットで申し込みをすると採取キットが郵送され、それに水を入れてクール便で送り返すと行った感じですね。

 

中でも特に注意しなければならないのが一般細菌検査用の水の採取です。

少しでも異物が入ったり、ボトルの中身に指を触れてしまうと、細菌の数が変わってしまいます。

上の写真で見受けられるように、ボトルにビニールでの密封と滅菌処理がされています。

更に、暑い中で放置すると、菌が増殖することもあるようなので夏の場合は特に早めにクール便での郵送が必要になります。

 

 

湧き水から直にすべてのボトルに採取を行い、キットを業者に郵送しました。

結果は約10日で出ました。

水質検査の結果

f:id:koidekonbu:20180610170655j:plain

水質検査の結果ですが、各汚染項目の基準値をすべて大幅に下回っておりました。

特に一般細菌の項目も基準では100個/ml以下というところが6個/mlでしたのでおそらく生で飲んでも大丈夫なのではないでしょうか?

結果としてはかなり良さそうだったので、満足しています。

飲水はここで採取したものを使えば良さそうです。

ただ水場の場所が別荘の建物から下がった場所にあり、大量に運ぶことは困難なので、なんとか生活用水は、別荘より標高の高い場所から重力で引っ張ってこれるようにしたいですね。